活動方針

総務・広報委員会

 京丹後青年会議所は、明確な目的のもと、会員相互が結束して地域の発展に繋がる活動や運動を行ってきました。今後も地域の多様な課題を解決していくには、盤石な運営で組織力を向上させると共に我々の活動や運動を多くの人に認知してもらい、求められる存在となる必要があります。
 まず、総務・広報委員会では、京丹後青年会議所が率先して地域貢献し続けるため、行政や関係諸団体に今年度の方向性を言葉だけでなく工夫を凝らし表現して伝えることで、理解を示してもらい地域発展のための関係が持続されます。
 そして、京丹後青年会議所の行う活動や運動を認知、理解してもらうため、広報活動においてターゲットを明確にし、ストーリー性を持った魅力ある発信を行っていくことで、共感の輪が広がり我々の存在価値が高まります。
 次に、近年、気候変動により災害が激甚化している中、京丹後市においても防災活動の普及を行っていますが、地域によって防災に対する意識の差があります。そこで地域、市民、企業に防災を日常の活動の中に取り入れてもらうため、被災地における災害対応の事例や教訓を学び、日々の習慣に防災を取り入れる方法を紹介することで、防災を自らの課題として認識してもらいます。
 総務・広報委員会では盤石な組織運営と共感を生む情報発信によって、地域社会からより一層必要とされる組織を目指し、メンバー一人ひとりが自覚と責任を持って一丸となって取り組んでまいります。


青少年育成委員会

 学校教育の在り方や体系が変わっていく中で、感動し表現するための感性を磨く学びが必要とされています。京丹後で育つ子どもたちの本来持っている豊かな感受性をさらに高め、ものごとの本質を見出す力をつけることが重要です。また地域の大人が子どもたちの感受性を刺激し、このまちへの責任と愛着をもつように私たち大人が導き伝える必要があります。
 青少年育成委員会では、子どもたちの感性を養うために、表現の仕方を学び文化芸術にふれる機会を創出します。さらに表現の大切さを知ることで、様々な角度から考えるという視点をもち、感動し共感できる感情豊かな子どもたちの人間性の醸成に繋げます。
 そして、子どもたちと地域とのつながりを強化するために、地域の大人たちと共に、まちの未来像を想像し表現する活動を行うことで、次代を担う責任感の形成へと繋げ、自分たちの未来の可能性を見出す一助とします。
 本年度、青少年育成委員会では子どもたちの希望あふれる未来のため、子どもたちに向き合い想像力と創造力を応答させながら、人と人の心のつながりを大切にして、伸び伸びとした人間味あふれた子どもたちに成長してもらう活動を行ってまいります。


まちづくり委員会

 わたしたちが住み暮らすまちは、地域の様々な特性により形成されてきた多くの魅力に囲まれています。一方で、人口減少の影響やライフスタイルの変化により、地域の魅力は輝きを失い続け、まちの活力低下へと繋がっています。そこでわたしたちは、地域が本来持ち得ている魅力を新たな視点から見つめ直し、まちの活力へと繋がる持続可能な活動や運動を行う必要があります。
 本年度まちづくり委員会では、まちの活力を取り戻すために、地域の特性により形成されてきた魅力に自由な表現を用い、非日常的で多様な視点を取り入れます。そうすることで、地域に新たな魅力を創出し、市民と地域が光り輝くかけがえのないまちへとなり、人々が率先してまちづくりに参画する意識に繋げます。
 わたしたちは、まちの活力を取り戻すために、まち全体を巻き込んだ活動を行うことで、人々に社会参画していただける持続可能な活動や運動を一年間行います。


会員拡大・周年準備室

 創立から50年の歩みをもとに、京丹後の新たな時代の流れを作ることを目指した私たち京丹後青年会議所は、翌年創立55周年を迎えます。周囲を巻き込み京丹後の新たな発展に向けた私たちの取り組みには、革新と持続性のある明確な目的をもった活動であることが求められてきました。今後も、地域に根差した活動を展開していくためには、まちを想う同志を増やし、客観的な視点を持って活発に行動できる組織力が必要となります。
 本年度、会員拡大・周年準備室では、会員一丸となった活発な会員拡大を展開するため、会員一人ひとりが考える京丹後青年会議所の活動意義を会員候補の方々に伝え共感を得る機会を作ることで、誇りを持って地域の課題に取り組む同志が増加します。また新入会員の、青年会議所活動への意欲を高めるため、活動で学んだことやこれから学びたいことを会員同士が互いに伝え合う機会を提供することで、組織全体の活動に対する意欲が向上します。
 そして京丹後の方向性を会員全体の共通意識の中で改めるため、先輩諸兄姉への敬意を持って創立50周年ビジョンの検証を行うとともに、地域と市民が求めていることを調査し会員へと発信することで、これからも地域に根差した活動が展開されます。
 周囲の共感を地道に獲得していくための会員拡大と、会員全員が同じ方向性を共有した中で、価値観の違いを受け入れ合い感性を磨き合える組織を目指し、私たち会員拡大・周年準備室は1年間活動して参ります。


事務局

 京丹後青年会議所は、会員の会費をもとに地域の未来につながる活動や運動を展開してきました。今後も地域で活動や運動を展開するためには、継続して会費を有効活用していくことに加え、メンバーが成長の場へ参加することが必要です。
 地域に貢献する組織であり続けるために、財務・財政の統括として経費や事業予算の支出の確認をし、会費について専務理事と連携し会員と連絡を取りながら確実な管理を行うことで、効率的な事業運営をします。また、今後も時代に先駆けた活動や運動を展開していくために、広域で推進される渉外事業の魅力を伝えるとともに最新情報を随時提供し予定を立てやすい環境づくりを行い、メンバーの参加意識を高め自発的な成長を促します。
 事務局では専務理事、各委員会と連携し、京丹後青年会議所が地域で活動する組織として信頼され、京丹後の未来につながる活動や運動を行う下支えをしてまいります。

PAGE TOP