⇒ ログイン

ブログ

BLOGS
201806.28

6月例会meets×bosai~避難所体験で防災と出会おう!~開催

城田明利

6月23日(土)弥栄小学校にて、6月例会meets×bosai~避難 所体験で防災と出会おう!~開催致しました。

 

 

第一部「避難所ワークショップ」

鳥取校区で実際の避難所に指定されている弥栄小学校にて、実際のマニュアル案を使用してグループワークを行いました。避難所運営においての基本事項が学べ、災害に対する危機意識を高めることができました。

第二部「防災講演~地域コミュニティの大切さについて~」

講師の森本隆氏の経験を交えて事例を用いながらお話をしていただき、「防災はハードルが高い印象があるが、地域でのコミュニティを大切にすることから始められる」ということを多くの方に認識していただき、普段から防災を意識して地域でのコミュニティに関わっていただく契機となりました。

第三部「防災ブース体験」

様々な体験ブースを設けて「楽しく防災を学ぶ」というテーマのもと、防災に対する敷居を低くして多くの方々に来ていただき、普段から使える防災の知識やスキルを身に付けていただけたと思います。

 

 

ご協力いただいた多くの関係諸団体の皆様のもと、無事に事業が行えました。

 

また、多くの来場者の皆様に来ていただき盛大な防災事業になり、心から感謝いたします。

ありがとうございました!!

201806.03

6月例会「meets×bosai~避難所体験で防災と出会おう!~」

城田明利

一般社団法人京丹後青年会議所 6月例会

「meets×bosai ~避難所体験で防災と出会おう!~」

 

近年、大規模な自然災害が各地で発生する中、市民が平時から自主的に協力し合い、急な災害に備える必要性が高まっています。

防災の視点から地域のコミュニティの大切さを再認識し、平時から災害に備える意識を高めることを目的に事業を行います。

 

【日時】

平成30年6月23日(土) ※13:30より随時受付開始

第1部 13:45~14:15

第2部 14:20~16:20

【場所】

弥栄小学校(京丹後市弥栄町木橋558)

 

【事業内容】

第1部【防災講演~地域コミュニティの大切さについて~】

ある地域の「自主防災組織」をテーマにした防災に関する講演を聞いていただくことで、「防災」という視点から自分の身近にある地域コミュニティへの関わりを見直していただくきっかけとなります!

 

第2部【防災体験ブース】

いろいろなブースを体験していただくことで、明日から役立つ知識やスキルを習得していただき、普段から家や地域でいざというときに備えて生活しよう、という意識を高めるきっかけとなります!

 

メンバー一同、皆様のご参加を心よりお待ちしております!!

 

【お問い合わせ】

(一社)京丹後青年会議所 事務局

TEL 0772-62-3153

FAX 0772-62-3120

平日 10:30~12:00

13:00~16:00

(※土日祝は休み)

 

201805.16

7月1日 7月例会「京丹後マルシェ~まちの魅力大集合~」を開催します。出店者募集中!!

巽真渉

京丹後は四季折々の新鮮な食材や豊かな自然などの魅力に恵まれたまちです。中でも食は最も大きな魅力として認知されています。地方創生の実現に向けまちの強みを活かした独自のまちづくりが求められている中で、食という魅力に目を向け、このまちに住む人々にその魅力の価値を認識していただく必要があると考え久美浜町浜公園において「京丹後マルシェ~まちの魅力大集合~」を開催します。皆様のご来場をお待ちしております。

 

また、当日の出店者を募集しております。

下記の要項を見ていただきまして、ご応募してして下さい。

当日、調理を希望される方は→こちら

 

調理を希望されない方(商品のみ出店も可)

は→こちら

 

◆お問い合わせ

FAX  0772-62-3120

MAIL info@kyotangojc.com

 

 

 

 

201804.24

4月例会 「身につけよう!未来に繋ぐリーダーシップ!!」開催

野木久聖


今年1月に理事会に上程してから3ヶ月余り、志質向上委員会担当例会の第1回目がやってきました。

委員長として初めて議案を作成し、委員会の開催、講師との打ち合わせを重ねようやくやってきたこの日!

LOMメンバーにとって実り多き一日となったでしょうか…?

 

テーマ

「身につけよう!未来に繋ぐリーダーシップ!!」

 

実施に至った背景

「私たちは誰もが組織や集団に属しており、それらをまとめるリーダーが存在します。

時代背景から求められるリーダー像が、画一的な統制型リーダーシップから多様的な共感型リーダーシップへと移り変わることから、他を理解し受け入れる心と、客観性を持つことが必要だと考え本事業を実施するに至りました。」

 

目的

「同じビジョンに向かって邁進する仲間を支えるリーダーシップを学ぶ。」


前回までのブログにて…

Vol.1「リーダーシップの変遷」

では、私達が所属する組織や集団には、リーダーが存在しており、時代の変化とともに求められるリーダー像が変化してきたことを「戦後~」と「~現代」に分けて説明し、現在では「共感型のリーダーシップ」が求められていることを学びました。

Vol.2「事業内容」

数ある共感型リーダーシップの中から「サーバントリーダーシップ」を選択した理由と、特徴、そして身につけるためにはどのように事業をすすめるのかをまとめました。


①価値観の違いを知る

共感型のリーダーシップを発揮するには、まず己の価値観と他の価値観が違うことを認識する必要があります。

「価値観の違い」を知っていただくために、文書や説明よりわかりやすいように、担当委員会が意見が分かれる劇を行い、その後グループ毎に自分の意見を発表、話し合いを持っていただきました。

 

②講師講演

防衛省・自衛隊 京都府地方協力本部 京丹後地域事務所長 德久 正彦氏を講師に招き、「共感型リーダーシップ」のとり方を自衛隊教育隊での訓練や事例などから学びました。

「指揮と統御」という独特な考え方を学び、部下や仲間を同じ方向へ自発的に行動させる方法のヒントを得ました。

講演のポイントは「こころ」

人は心で動くもの。

相手への思いやりを常に持つことが重要であるとおっしゃっていました。

③アサーションワークショップ

共感するには相手の心を重んじることが重要。

しかし、自分の主張を相手にも理解してもらえないとそれは共感ではありません。

コミュニケーションをとる上で、どういったタイプがお互いの主張を受け入れやすいのか、アニメ 「ドラえもん」のキャラクターになりきって、自己表現の仕方を考える機会をもちました。

④委員会まとめ

今回初の試みとして行った、グーグルフォームを用いてのアンケートをすぐに反映したスライドを用いて、1日の流れを振り返りました。

復習を行うことで、事業目的と内容を再確認していただけたと考えます。


事業を終えて

自分たちが練り上げてきた事業に多くのメンバーに参加していただいて本当に感謝しています。

委員会らしさを出すために考えた劇、ちょっと背伸びしてやってみたかったグーグルフォームを使ったリアルタイムアンケート。

後席では、「チームビルディング」を目的に「マシュマロチャレンジ」までやらせていただきました。

 

JCに加入して4年が立ちました。

 

右も左も分からなかった当初、まさか自分が委員長をするなんて夢にも思わなかったです。

 

委員や副委員長の時とは比べ物にならないくらいの苦労と達成感に現在は浸っております。

 

今回反省すべきところも多々あり、たくさん指摘をいただきました。次の事業にこの反省を活かし、メンバーの皆様一人ひとりが魅力ある人財として成長できるよう事業を構築していきたいと考えています。


志質向上委員会 委員長 野木久聖

201804.23

一般社団法人 京丹後青年会議所 5月例会

木本紘史

一般社団法人 京丹後青年会議所 5月例会
「小学生ウルトラアドベンチャー」~故郷の自然は楽しいがいっぱい!~

近年、安全性の観点や生活環境の変化から子どもたちが自然を体感する機会が減っています。せっかく京丹後には魅力的な自然があるのにもったいない!もっと故郷の自然の中で遊んで欲しい!この想いのもと、子どもたちに故郷の自然で遊ぶ楽しさに気づいていただける事業を京丹後青年会議所 青少年育成委員会が気合と情熱をもって計画させていただきました!
当日は竹を跳んだり石を狙って転がしたり、公園全体を探検したりと自然を使った外遊びを行います!私たち京丹後青年会議所メンバーとともに故郷の自然を遊び尽くしましょう!!

日時 2018年5月13日(日)受付:9:00~
場所 京丹後市峰山総合公園サブグラウンド
対象 京丹後市内の各小学3・4・5・6年生
定員 200名 2人1組エントリー 計100組

※当日、ボランティアいただける方を募集します!
ご興味ありましたら(一社)京丹後青年会議所事務局までお問合せください。
TEL.0772-62―3153 FAX.0772-62-3120
お問合せ時間 平日の10時30分から12時まで、13時から16時まで土日祝日休み

1 2 3 4 6
LINKS

このサイトについて

一般社団法人 京丹後青年会議所ホームページは、サポーター(広告主)の皆様のご協力により運営されています。

このホームページを通じて私たちの活動、事業の告知やご報告を積極的に発信させて頂きます。皆様のご支援をお待ちしております。

SUPPORTER