⇒ ログイン

ブログ

BLOGS
201805.16

7月1日 7月例会「京丹後マルシェ~まちの魅力大集合~」を開催します。出店者募集中!!

巽真渉

京丹後は四季折々の新鮮な食材や豊かな自然などの魅力に恵まれたまちです。中でも食は最も大きな魅力として認知されています。地方創生の実現に向けまちの強みを活かした独自のまちづくりが求められている中で、食という魅力に目を向け、このまちに住む人々にその魅力の価値を認識していただく必要があると考え久美浜町浜公園において「京丹後マルシェ~まちの魅力大集合~」を開催します。皆様のご来場をお待ちしております。

 

また、当日の出店者を募集しております。

下記の要項を見ていただきまして、ご応募してして下さい。

当日、調理を希望される方は→こちら

 

調理を希望されない方(商品のみ出店も可)

は→こちら

 

◆お問い合わせ

FAX  0772-62-3120

MAIL info@kyotangojc.com

 

 

 

 

201804.24

4月例会 「身につけよう!未来に繋ぐリーダーシップ!!」開催

野木久聖


今年1月に理事会に上程してから3ヶ月余り、志質向上委員会担当例会の第1回目がやってきました。

委員長として初めて議案を作成し、委員会の開催、講師との打ち合わせを重ねようやくやってきたこの日!

LOMメンバーにとって実り多き一日となったでしょうか…?

 

テーマ

「身につけよう!未来に繋ぐリーダーシップ!!」

 

実施に至った背景

「私たちは誰もが組織や集団に属しており、それらをまとめるリーダーが存在します。

時代背景から求められるリーダー像が、画一的な統制型リーダーシップから多様的な共感型リーダーシップへと移り変わることから、他を理解し受け入れる心と、客観性を持つことが必要だと考え本事業を実施するに至りました。」

 

目的

「同じビジョンに向かって邁進する仲間を支えるリーダーシップを学ぶ。」


前回までのブログにて…

Vol.1「リーダーシップの変遷」

では、私達が所属する組織や集団には、リーダーが存在しており、時代の変化とともに求められるリーダー像が変化してきたことを「戦後~」と「~現代」に分けて説明し、現在では「共感型のリーダーシップ」が求められていることを学びました。

Vol.2「事業内容」

数ある共感型リーダーシップの中から「サーバントリーダーシップ」を選択した理由と、特徴、そして身につけるためにはどのように事業をすすめるのかをまとめました。


①価値観の違いを知る

共感型のリーダーシップを発揮するには、まず己の価値観と他の価値観が違うことを認識する必要があります。

「価値観の違い」を知っていただくために、文書や説明よりわかりやすいように、担当委員会が意見が分かれる劇を行い、その後グループ毎に自分の意見を発表、話し合いを持っていただきました。

 

②講師講演

防衛省・自衛隊 京都府地方協力本部 京丹後地域事務所長 德久 正彦氏を講師に招き、「共感型リーダーシップ」のとり方を自衛隊教育隊での訓練や事例などから学びました。

「指揮と統御」という独特な考え方を学び、部下や仲間を同じ方向へ自発的に行動させる方法のヒントを得ました。

講演のポイントは「こころ」

人は心で動くもの。

相手への思いやりを常に持つことが重要であるとおっしゃっていました。

③アサーションワークショップ

共感するには相手の心を重んじることが重要。

しかし、自分の主張を相手にも理解してもらえないとそれは共感ではありません。

コミュニケーションをとる上で、どういったタイプがお互いの主張を受け入れやすいのか、アニメ 「ドラえもん」のキャラクターになりきって、自己表現の仕方を考える機会をもちました。

④委員会まとめ

今回初の試みとして行った、グーグルフォームを用いてのアンケートをすぐに反映したスライドを用いて、1日の流れを振り返りました。

復習を行うことで、事業目的と内容を再確認していただけたと考えます。


事業を終えて

自分たちが練り上げてきた事業に多くのメンバーに参加していただいて本当に感謝しています。

委員会らしさを出すために考えた劇、ちょっと背伸びしてやってみたかったグーグルフォームを使ったリアルタイムアンケート。

後席では、「チームビルディング」を目的に「マシュマロチャレンジ」までやらせていただきました。

 

JCに加入して4年が立ちました。

 

右も左も分からなかった当初、まさか自分が委員長をするなんて夢にも思わなかったです。

 

委員や副委員長の時とは比べ物にならないくらいの苦労と達成感に現在は浸っております。

 

今回反省すべきところも多々あり、たくさん指摘をいただきました。次の事業にこの反省を活かし、メンバーの皆様一人ひとりが魅力ある人財として成長できるよう事業を構築していきたいと考えています。


志質向上委員会 委員長 野木久聖

201804.23

一般社団法人 京丹後青年会議所 5月例会

木本紘史

一般社団法人 京丹後青年会議所 5月例会
「小学生ウルトラアドベンチャー」~故郷の自然は楽しいがいっぱい!~

近年、安全性の観点や生活環境の変化から子どもたちが自然を体感する機会が減っています。せっかく京丹後には魅力的な自然があるのにもったいない!もっと故郷の自然の中で遊んで欲しい!この想いのもと、子どもたちに故郷の自然で遊ぶ楽しさに気づいていただける事業を京丹後青年会議所 青少年育成委員会が気合と情熱をもって計画させていただきました!
当日は竹を跳んだり石を狙って転がしたり、公園全体を探検したりと自然を使った外遊びを行います!私たち京丹後青年会議所メンバーとともに故郷の自然を遊び尽くしましょう!!

日時 2018年5月13日(日)受付:9:00~
場所 京丹後市峰山総合公園サブグラウンド
対象 京丹後市内の各小学3・4・5・6年生
定員 200名 2人1組エントリー 計100組

※当日、ボランティアいただける方を募集します!
ご興味ありましたら(一社)京丹後青年会議所事務局までお問合せください。
TEL.0772-62―3153 FAX.0772-62-3120
お問合せ時間 平日の10時30分から12時まで、13時から16時まで土日祝日休み

201804.18

4月例会 「身につけよう!未来に繋ぐリーダーシップ!!」 開催に向けて Vol.2

野木久聖

事業内容


満開の頃淡い薄紅色一色であった桜も、若葉が芽吹き始めて新緑の葉を生い茂らせています。

桜の開花時期は本当に短く儚いものです。

人の一生においても自らが誰を牽引していく期間は、非常に短いものだと考えます。

限られた時間の中、魅力的な人財となり誰を牽引していく存在になるべく、今回はリーダーシップを学ぶ事業を計画いたしました。

前回は「リーダーシップの変遷」と題して、戦後~現代における社会から求められるリーダーシップの移り変わりについて書かせていただきました。

 

今回は事業内容について触れようと思います。

前回のブログより、現代では価値観の多様化により画一的なリーダーシップでは成果が上がらないこと、組織メンバーが意見を言いやすい雰囲気をつくることが必要で「共感型のリーダーシップ」が必要であることがわかりました。

同じビジョンに向かって邁進する仲間を支えるリーダーシップについて学ぶことを目的とし、多くのリーダーシップ論の中から、今回は無印良品の良品計画、ダイエー、資生堂、スターバックスコーヒーなど大手の企業も実践している奉仕型のリーダーシップ「サーバントリーダーシップ」について学ぶことで、多様性が重要視されているこれからの時代において柔軟に対応できる人材となると考えます。


サーバントリーダーシップとは…

自分の利益よりも部下に奉仕することを優先し、「この人に付いていきたい」と周囲から思われるような存在を目指すことで、周囲の人々が自発的に動き、権力ではなく、信頼関係のもと協力して目標達成へと導きます。

【出典】 http://www.servantleader.jp/about_servant.html

従来のリーダーシップとサーバントリーダーシップの比較

【出典】”The Essentials of Servant-Leadership: Principles in Practice” Ann McGee-Cooper and Gary Looper


サーバントリーダーシップにおける10の特性

【出典】 日本サーバント・リーダーシップ協会 「サーバントリーダーシップ10の特性


本事業では、以下を通じてサーバントリーダーについて学びます。

  1. ワークショップを通じて、個人の価値観はそれぞれ違うということを知る。
  2. 「共感型のリーダーシップ」について、自衛隊の教育隊における訓練から学ぶ。
  3. アサーション・ワークショップを通じて、共感するために重要なコミュニケーションのとり方を学ぶ。

 


青年会議所も40歳までの非常に短い期間の中、「明るい豊かな社会の実現」を叶えるべく、運動を展開しています。

明るい豊かな社会の実現は、市民一人ひとりがこのまちの為にという、自分ではなく誰がために行動する意識変革が必要だと考えます。

前向きな明るい豊かな未来の実現の為に、共に汗を流してみませんか?

京丹後青年会議所では、一緒に活動する仲間を募集しています!!

お問い合わせはこちらから。

 

(注記)使用している画像、資料は許可済

201804.13

3月例会動画

巽真渉

 一般社団法人京丹後青年会議所では、地方創生に対する理解を深めていただき、自分たちにできるまちづくりについて考えていただくために、2018年3月17日に「京丹後まち会議~考えよう!自分たちにできるまちづくり~」を開催いたしました。

当日の委員会発表とパネルディスカッションの動画をご覧いただき、最後にありますアンケートにご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

※アンケートは1年間収集し、市民の声として今後の政策の参考としていただきたくため、京丹後市の方へ提出いたします。

一般社団法人 京丹後青年会議所 
まちづくり委員会 委員長 巽 真渉

 

①委員会発表

 

②パネルディスカッション「まちの魅力や課題について」

 

③パネルディスカッション「地域に合った地方創生とは」

 

④パネルディスカッション「市民アンケートを基にした質問」

 

⑤パネルディスカッション「自分たちにできるまちづくり」

⑥パネルディスカッション「自分たちにできるまちづくり」

 

アンケートはこちら

 

 

 

1 2 3 4
LINKS

このサイトについて

一般社団法人 京丹後青年会議所ホームページは、サポーター(広告主)の皆様のご協力により運営されています。

このホームページを通じて私たちの活動、事業の告知やご報告を積極的に発信させて頂きます。皆様のご支援をお待ちしております。

SUPPORTER