▶ GLOBAL TOP
⇒ ログイン

REPORTS-KYOTANGO JC 2015-

7月例会

Thu, 2015-11-26 / 09:51
和田晋
事業名称
7月例会 HAMA-1グランプリ2015 ~浜辺で食べる京丹後一旨いグルメ決定戦~
担当委員会
まち創造委員会
テーマ
HAMA-1グランプリ2015 ~浜辺で食べる京丹後一旨いグルメ決定戦~
開催日時
2015年07月19日(日)9:30~15:45
開催場所
(セレモニー会場) 浜店 MOW
(セレモニー会場住所) 京丹後市網野町浜詰海岸
(事業会場) 浜詰海岸
(事業会場所在地) 京丹後市網野町浜詰
出席者
構成員【35名】 出席者【32名】 出席率【91%】 オブザーブ【1名】
事業目的
(対外)
京丹後市の魅力を京丹後市内外の人に知って頂く機会とする。

(対内)
地域の人々とまちのために取り組む機会とする。
目的の達成
●予算上の問題点

①郵便料金が事業後に変更になったため90円の差異が生じた。 
②知事への礼状が追加になったため82円の差異が生じた。
●運営上の問題点

①セレモニー中、JCIマークが落下した。もっと設えに気を遣うべきであった。
②周りの音が多く有りセレモニー、監事講評の話が聞こえない状態であった。
③出店者が11:10の料理提供時間を11:00と勘違いし、料理の提供に一部混乱が生じた。
④投票券を投票せずに破棄する来場者が多数見受けられた。
⑤出店者に商品と金額は1種類のみにして欲しいと伝えていたが、当日値段が複数ある店舗があり、分かりにくかった。
⑥ゴミ箱の大きさを確認していなかったため、ゴミ袋が大きさに合わなく回収しにくかった。
⑦アトラクションの時間が予定よりオーバーした。
⑧入口から奥の店舗まで来場者が行かない場面があった。
⑨料理の量が多く、多くの商品を食べることができなかった。金額を低額にし、出店者一律の金額にして多くの商品が食べられる設えにすべきであった。
⑩バス停やトイレ等の案内をもとめられ、答えることができないメンバーがいた。
⑪メンバー間で救護体制が共有できておらず、けが人が出た際に個人の判断で動いていた。
●その他の問題点

①他団体と互いの事業目的を把握しきれておらず、方向性の違いから協議が進まない場面もあった。

※画像クリックで拡大

PAGE TOP
SUPPORTER